たたみ屋の覚書

楽しかったことの記録、見たもの・聞いたものの記録。

ネットショッピングとドール趣味が加速している

 

タイトルの通り。

 

すっごいネットショッピングしてしまう。

 

何をそんなに買うことがあるの、と自分でも思うけど欲しいものは無限に湧いてくるんだよ!買ったあとは放置、というわけでもなくちゃんと利用してます。買ってるのもまあ、タイトルの通り。

 

 

 

ドールですね、ドール!!

 

私今までキャストドールとか球体関節人形に手を出そうか迷っていたんですけど、もう少し手が出しやすくて見てるだけで心が満たされるドール見つけちゃったんです…………。それは、

 

 

ディズニーリミテッドドール、コレクティブルバービー等々!!!!

 

ほんとなんでもっと早くこの良さに気付けなかったのかな~と思ってるんだけど、個人的にこういう…「アイペイント系ヘッド+すっごい細かいとこに凝った衣装」のドールが大大大好きになってしまって…

 今は人様のドール写真を見てるのがめちゃくちゃ楽しい。

 

顔はキャストドールとは全く違うよ!入れ目ヘッドじゃないしね。

アゾンの描き目ヘッドのドールともなんとなくテイストが違うかな。

 

いや、販売形式?というか、ドールの系統自体アゾンの子達に近い?

ヘッドは描き目で凝ってるわけじゃないけど、衣装の作り込みがしっかりしてるってところで!

 

前述したドールについて少し詳しく書いておく(ほとんど英語読めない私がなんとなく知ってる部分を忘れないための…覚書きみたいなものです)。

 

 

ディズニーリミテッドドール

 私はこう呼んでるけど、実際はアニバーサリードールとかリミテッドエディションと記載されてる。ディズニープリンセスヴィランズ中心に展開、2万~10万円前後で販売される(高いのがサックスドールって呼ばれてる?この辺が分からない)。大体世界で1000体、2000体ほどしか生産されないから、入手が難しい(そもそも日本に入ってこないドールもいる)。

 ディズニーストアで普通に売ってるクラシックドールやシンギングドールとは違って、プリンセスにちゃんとまつ毛が付いていたり、衣装にベルベット生地が使われてたり、細かい刺繍やスワロのラインストーンがあったり、ティアラがちゃんと金属だったりする。とにかく衣装が凝ってる。アイペイントとはいえ、アイのグラデーションやリップ、キャラによっては細かいそばかすも入ってたりして、表情もかなり綺麗。

 

↑多分箱から出して遊ぶより、観賞用として飾る人のほうが多いんじゃないかと思う!箱自体もホログラムが施されてて、あの商品一つが芸術品って感じです。

 

コレクティブルバービー

 こちらはその名の通りというか、コレクション用のバービー人形。

対して、子供達が遊ぶ用のバービーはピンクボックスと呼ばれるんですがコレクティブルはそれとは違う、いわば大人用。

このバービーは、

ピンクラベル、ブラックラベル、シルバーラベル、プラチナラベル、ゴールドラベル

の5種類のラベル(レーベル)に分けられていて、物によって数千円~何万円かするみたい。私がヤフオクあたりで調べてると、どれも生産終了のものだからか1万円はする感じ…(輸入の送料もかかってるしね)。たしかこのラベルは生産数やドールのコンセプトによって分けられてる。華やかなドレスに身を包んだバービーから、黒のパンツでシックにキメたバービーまでほんと色んな衣装の子がいる。バービーってどんな顔だっけって分からなくなるくらい、顔も千差万別。

 ちなみに私が好きなのは、メキシコ「死者の日」の限定バービー(ブラックラベル)です!ガイコツのメイクが施されてて素敵なんだこれがまた。当分お迎えは出来なさそうだけど、いつか…!!

f:id:sanno_io0711:20201017003812j:plain

f:id:sanno_io0711:20201017003842j:plain

 

【引用元】

item.rakuten.co.jp

 

ディズニーリミテッドドールももちろんお迎えしたいんだけど、今はクラシックドールを買って自分でお顔をリペイントする方が楽しくてね~!

小さい頃に勉強机として使っていた小学生用机が工作用になってる。

これからエルサの植毛もするつもりです。一応少し進んでる。

 

勉強ももちろん頑張りますわよ…!(一応ゼミ課題は終わらせたわよ!)